キャッシングの審査が不安な人は事前に内容を確認しておこう

キャッシング,審査,通らない理由

難しい手続きや、長い待ち時間を必要とせずに、すぐにお金を借りたい時には、キャッシングが重宝します。

 

キャッシングでお金を借りる時には担保などが必要ないために、利用者の信用に基づいて融資が行われます。

 

そのために借り入れの申込みをしたときに、融資の可否や利用限度額を決めるための審査があります。

 

今までキャッシングを使ったことがない人ほど、キャッシングの審査を受けることに、気後れを感じてしまいがちです。
あらかじめ審査の内容を把握しておくことで不安を少なくできます。

審査の内容とは

キャッシングの審査では、

  • 氏名
  • 住所

などの基本情報と、

 

  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 年収

などのような様々な個人情報についても答える必要があります。

 

個々の情報を数値化し、スコアリングという方法で合計を出した上で、一定の数値条件を満たしているかを審査します。
どの消費者金融会社でも、年齢条件や収入条件などはキャッシングの審査時に設定されているものです。

過去の利用履歴も大切なポイント

さらに、過去の利用履歴がある人であれば信用情報についても、審査のときの大切なポイントとなります。
キャッシングを行ったことがある人で、

  • 返済をしっかりできていたか
  • 遅らせたことがあるか

といった点が、審査では確認され、評価されるという仕組みです。

 

消費者金融のキャッシングは、貸金業法に基づいて行われている融資ですので、
総量規制の適用を受けるために、年収3分の1までしか融資が行われない点も把握しておく必要があります。

 

キャッシングの申込み時に行われる審査について予め把握しておくことで、スムーズに融資を受けることができるようになります。


キャッシングの審査に通過できない理由について

貸したお金を返せそうな人なら、キャッシングの審査はクリアできます。

 

審査をクリアできなかった理由は、返済能力に欠けていると思われたためです。
返済能力が100万円程度だと判断された人は、50万円までなら融資を受けられるでしょうが、150万円の融資は受けられません。

 

金融機関によってキャッシングの審査基準は違いますし、どんな基準になっているかは明らかにされてはいません。

審査が通らない多くの理由とは

キャッシング申込み時の審査に通らない理由として多いのは、
・過去の遅延
・債務整理

などがあります。

 

特に、今までクレジットカードや、キャッシングなどの金融商品を利用して、
返済時に問題を起こしていると、審査では不利です。

 

借りたお金を返しきれずに、債務整理をしたという人は、
以後5年間は新規融資を受けることができずに、何度審査を受けても断られてしまうでしょう。

 

金融会社によつては、4年で債務整理後の新規融資をするところがありますが、ほとんどの場合は5年の期間は必要です。

審査をパスするためには

キャッシングの審査をパスするためには、審査をクリアできるようにしておくことです。

 

返済プランをきちんと立てることや、現状の家計分析をして、借りるお金を少なくすることが大事になります。

 

必要額が減るほど希望額を少なくできるため、審査に通過しやすくなり、
当然ながら希望額が大きいほど、審査の難易度は高くなるのです。

 

キャッシングの審査では、審査基準に満たなかった場合、結果は通知されますが、理由は告げられません。

クレジットカードでのキャッシングとショッピングの返済について

同じクレジットカードを買い物に使った場合と、借り入れに使った場合とでは、返済金額は同じにはなりません。

 

クレジットカードの中にはキャッシングにも使えるものが多いですが、
決済に用いた場合と融資に用いた場合の違いは把握しておきましょう。

 

クレジットカードをキャッシングに利用しても、ショッピングに使っても似たようなものに感じますが、その都度内容は違っています。

 

1カ月ごとの利用限度額や、金利については、金融機関によっても異なりますので、
クレジットカードがある人は、自分の条件をチェックしておきましょう。

状況にあった使い方が大切

基本的には、ショッピング目的でクレジットカードを利用する時のほうが、より低金利でカード決済をすることが可能です。

 

つまり、クレジットカードで買い物をする際には、
キャッシング枠は使わずに、ショッピング枠を使うカードの使い方を心がけたほうが、お得に使えます。

 

カードは無限にお金がわいてくる魔法のアイテムではなく、支払いは必ずしなければいけませんので、
返済可能な金額だけを利用しましょう。

 

その場でお金を持っていなくても、クレジットカードで支払いはできますが、支払った分は後で自分のお金から出さなければいけません。

 

支払いきれない金額の買い物をしていると、クレジットカードの精算日に支払いが滞りますので、
払える範囲でカードを使ってください。

 

クレジットカードで買い物をする際には、思いつきやその場の勢いで不必要な買い物をしていないか自身に問い直してください。

 

近年では、普段からクレジットカードを持ち歩くことが一般的になっています。

 

財布の中に複数毎のクレジットカードを入れている人もいます。
色々なクレジットカードがありますので、金利や返済条件など、様々な状況に合わせて使い分けましょう。

[キャッシングの審査に通らない理由とは]関連情報